HOME > 接骨院Q&A

接骨院Q&A

接骨院の他にも整体やカイロプラクティックなど、町を歩くと多くの院を見かけます。何が違うのでしょうか?

接骨院と整体・カイロプラクティックの大きな違いは、『柔道整復師』という国家資格を持っているか否かです。

この『柔道整復師』の資格をもっているのが接骨院です。
接骨院、整骨院は保険診療が可能ですが、整体やカイロプラクティックは不可能になっています。
整骨院の治療の強み、メリットは?のイメージ

接骨院の治療の強み、メリットは?

自然治癒をうながすことでしょう。

病院の治療は薬や手術を用いて症状幹部に効く集中治療を行いますが、接骨院では症状の根本原因となる部分を見つけ、自然治癒力を高めるように施術をしていきます。
接骨院というと、マッサージやけがをしたときにだけいくというイメージをお持ちだと思います。
しかし、体のメンテナンスとして普段から身体バランスを整え、リラックスをするというのは様々な病気を防ぐといえます。通うだけで健康になるというのも大きなメリットの一つと言えるでしょう。

怪我をした時、整形外科に行ったら「レントゲンをとって、様子をみましょう。」とシップをはってもらいました。接骨院の治療も同じですか?

同じではありません。

整形外科と接骨院の大きな違いは、整形外科で取り扱い可能なレントゲンや注射が接骨院では使えないところでしょう。
もちろん、医院によって治療法は多岐にわたるので一概には言えませんが、接骨院ならではの特徴として、電気治療、手技療法、テーピングなどで、自然治癒力を高める治療を行います。

接骨院と整骨院の違いはどこですか?のイメージ

最近接骨院が増えてきたようにも感じます。気づいたのですが、接骨院だけでなく、整骨院もある。この2つに違いはあるのでしょうか?

名称は異なりますが、基本的には同じです。

せもと鍼灸接骨院では、どのような症状を診てもらえますか?

肩こり・腰痛・ぎっくり腰が多いですが、他にもむち打ち・眼精疲労・坐骨神経痛・捻挫・四十肩・五十肩・打撲・骨折・脱臼・事故や転倒よるケガ・後遺症・首・肩・膝の痛み・体の痛み・痺れ・冷え症等...などさまざまな治療方法があります。
少し違和感があるけれどどこで治療するのかわからないという場合もお気軽に御相談ください。
ケガをしました。冷やすべきですか?温めるべきですか?のイメージ

ケガをしました。冷やすべきですか?温めるべきですか?

基本的な考え方では、まずは冷やす。その後で痛みが落ち着いたら温めるという方法が基本です。

ケガの応急処置では『RICEの原則』を覚えておくと役立ちます。
<Rest>安静 <Ice>冷却 <Compression>圧迫 <Elevation>高挙

ぎっくり腰を起こしてしまいました。どうすればよいでしょうか?

横向きでひざを曲げると痛みが軽減することがあります。

最近ぎっくり腰で来院をされる方が非常に増えております。ぎっくり腰、寝違い、肉離れなどの急性症状の場合、マッサージなどは控えましょう。
ぎっくり腰の幹部は発熱をともないますので、マッサージを行うことで悪化することがあるからです。
まずはあまり無理せず安静にしてから、接骨院にいきましょう。
しっかりと治したいけど、どれくらい通えばいい?のイメージ

忙しくてコンスタントに通うのが難しいです。
ただ、しっかりなおしたいのですが、その場合はやはり長期期間通うべきでしょうか。

症状と状態によりますので、一概には申し上げられません。

しかし、お忙しい場合、なるべく御都合がいいように時間を調整し、はやく治癒できるように御自宅でのトレーニングなどもお教えいたします。患者さんの御要望にかなうように努めますので、お気軽にご相談ください。

1回の施術時間はどこの院も同じでしょうか。せもと鍼灸接骨院ではどれくらいですか?

施術ごとに症状を確認しながら行うため、症状により変わります。下記にめどを記入致します。

初診で約1時間※
2回目以降で一人30分程

※初診の場合、症状を把握するのに時間がかかる場合もあります。