HOME > 交通事故治療 > 交通事故にあったら

交通事故にあったら

交通事故治療の準備

警察へ交通事故の届出のイメージ
1 警察へ交通事故の届出

まずは警察へ交通事故の届出をする必要があります。
そして、自動車安全運転センターへ交通事故証明書の交付を依頼します。

【交通事故の届出】
加害者の方だけではなく、被害者の方も届け出ることが必要です。
とりわけ怪我を負った場合は「人身扱い」の届出が重要になってきます。

【通事故証明書の交付】
仮渡金の請求などで必要となるので、早めに交付を依頼しましょう。

相手(加害者)の情報を収集のイメージ
2 相手(加害者)の情報を収集

相手の情報を収集しましょう。
主に収集する項目は相手方の氏名、住所と連絡先、車の登録ナンバーです。
他に必要なものは下記の通りです。
■自賠責保険(共済)
■自動車保険の会社(組合)名
■証明書番号
■勤務先
■雇主の住所、氏名、連絡先(※業務中であれば、運転者だけでなく雇主も賠償責任を負うことがあります。)

現場での目撃者を確保のイメージ
3 現場での目撃者を確保

稀に相手方とトラブルになるケースがありますが、その際に効果的なのが第三者、目撃者の証言です。
通行人など事故現場に目撃者がいれば協力をしてもらい、証言をメモしましょう。
証言者の証言は重要ですので、あらかじめ氏名や連絡先を聞いておき、必要ならば証人になってもらうよう依頼しておきましょう。

現場の記録のイメージ
4 現場の記録

事故後は現場を記録しておきましょう。
できることなら事故直後の現場見取り図や事故の経過があるとさらに効果的です。
これらはデータとして賠償交渉終了時まで残しておけば安心です。

病院にて医師の診断を受けるのイメージ
5 病院にて医師の診断を受ける

交通事故により負った怪我は医師の診断が必要です。
せもと鍼灸接骨院では、スポーツによる怪我の他にも交通事故による負傷した箇所の手当てが可能です。
交通事故治療をご希望の場合は医師に「交通事故治療を希望」する旨をお伝えください。

保険会社へ接骨院・整骨院での治療を 希望する旨を伝えるのイメージ
6 保険会社へ接骨院・整骨院での治療を 希望する旨を伝える

保険会社より当院に、交通事故の治療依頼の連絡が入り、治療開始となります。

交通事故治療 治療の流れ

お電話および、直接ご来院のイメージ
1 お電話および、直接ご来院

せもと鍼灸接骨院で交通事故治療をお求めの際は直接お越しください。御予約いただくとスムーズに御案内致します。
その際は以下のことを御準備下さい。

  • 事故が発生した日時、状況
  • 医師の診断内容
問診票の記入のイメージ
2 問診票の記入

事故時の状況をお伺いしながら、丁寧に問診をさせていただきます。
お伺いする項目は下記の通りです。

  • 事故が発生した日時、状況
  • 医師の診断内容
  • ケガの症状
  • お取扱い保険会社の確認

当院にて、保険会社へ手続きを行います。

触診のイメージ
3 触診

触診(怪我の状態を実際に触って確認します。)
せもと鍼灸接骨院では触診や各種テストを行い治療プランを立てていきます。
触診で確認する項目
■痛み具合
■腫れ
■患部に熱をもっているか
■機能障害があるかなど

治療の開始のイメージ
4 治療の開始

治療プランが決定したらマッサージ、超音波治療、電気療法、冷温法、鍼灸治療、テーピング、背骨・骨盤矯正などの中から治療をします。
また、日常生活での注意点やリハビリ方法もお教えいたします。

治療の終了のイメージ
5 治療の終了

痛みがなくなった、しびれがなくなったなど、症状が改善されたら、治療完了です。
しかし、ご自身で判断をするのは避けた方がよいです。
その時は症状がでなくてもあとから予想もつかない箇所に問題が発生することがあるからです。
治療期間は平均3~6ヶ月程度で個人差はあります。

最後に、保険会社に治療が完了した旨を報告します。
その他の費用を計算してもらい、明細の入った示談内容書を確認して納得がいけばサインをして完了となります。