HOME > 交通事故治療 > 症状について

症状について

むち打ち症とは

むち打ち症とはのイメージ

交通事故治療でいらっしゃる患者さんが多く抱える症状は「むち打ち症」です。
首がムチのようにみえるほどしなることから「むち打ち症」と呼ばれています。
例えば車が正面に突撃したとしましょう。すると、背中や首に衝撃が伝わり、首がなげだされる形になります。すると首や背中にかかる負担は大きくなります。
怪我の度合いは多岐にわたり、ひどいものですと後遺症を残すものもあります。

むち打ち症の原因

患者さんの中にはむち打ち症を御存じの方が多いと思います。
しかし意外と知られていないのがスポーツによってむち打ちが起こるということです。
特に多いのが体操やスノーボードというような転倒の危険性があるスポーツです。

むち打ち症の種類

むち打ち症の種類のイメージ
頚椎捻挫型

首、肩、背中に痛みを感じます。首の筋肉や靭帯などが損傷されることにより、思うように動かすことができないという運動制限もかかります。

神経根症状型

神経が圧迫されることによって、首から離れた箇所もしびれやだるさ、筋力低下という予期せぬ症状が発生します。

バレ・リュウ症候群型

神経の圧迫によって頭痛、めまい、吐き気、眼の疲労が起こる症状です。
通常心臓から血液が頭にまわっていますが、神経(後部交感神経)の損傷や圧迫によって血流が低下することで発症します。

その時は症状が出ていなくても後々発症するケースがあります。まずは診断を受けることをおすすめします。