HOME > スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ外傷とスポーツ障害

スポーツ外傷とスポーツ障害のイメージ

スポーツ中に起こる怪我(スポーツ傷害)は特殊なケースが多く、特有の特徴があるので完治が難しいです。
同じ症状でも、突発的に発症した物と徐々に悪化した物では対処方法が変わってきますので、自己判断はお勧めできません。

【スポーツ傷害】
スポーツ外傷とスポーツ障害の総称

【スポーツ外傷】
スポーツ中に起きた捻挫・骨折などを指します。捻挫や脱臼等に対しては非常に有効です。

【スポーツ障害】
テニス肘など、繰り返しの練習などで段々悪化してしまった障害を指します。
スポーツ障害が起こってしまった場合、障害部位あるいはその周囲筋肉のマッサージが効果的です。
マッサージが効果的な理由として、痛みのある部位の周辺組織は硬直しやすく、その部位がますます動かしづらくなるからです。
マッサージなどの刺激により組織や細胞を活性化させればその修復もスムーズになるといえます。

怪我をした後も、部活などで練習が必要になるということで、院のアドバイスを守らない学生さんは多いです。
私もその経験があるのでお気持ちはわかります。
しかしその場で問題がなくても、のちのち運動ができない体になってしまうことも多々あります。
スポーツで怪我をしない為には、無理なフォームや体の耐久性を超えた過剰な練習を行わないことが大切です。
万が一怪我をしてしまった場合は無理をせずせもと鍼灸接骨院までご相談ください。

スポーツ障害の症状

野球肘のイメージ
野球肘

野球肘とは、肘の筋肉やじん帯、手首や手指に負担がかかり、筋肉やじん帯を痛めてしまう症状です。

一部分だけに負荷が集中する様な投げ方や、間違った投球方法、投球前後のケアを怠ることでおこる症状です。

野球をやらないかたも野球肘と同じ症状が発生することがあります。
特に多いのが、荷物を繰り返し移動させる作業をする方で、野球肘と同様の症状が多く見られます。

上腕骨外上顆炎(テニス肘)

上腕骨外上顆炎(じょうわんこつがいじょうかえん)とは、テニスプレイヤーに多く発生するためテニス肘と呼ばれています。
バックハンドで打つ際に手首に負担がかかり、肘の外側に痛みが発生します。

上腕骨内上顆炎(テニス肘・ゴルフ肘)

上腕骨内上顆炎(じょうわんこつないじょうかえん)とは、テニスプレイヤーだけではなく、ゴルファーにも発生することが多いため、ゴルフ肘とも呼ばれ、ヒジの内側が痛む症状です。一部分だけに負荷が集中する間違ったテニスフォームでサーブやストロークを放った時の衝撃が原因で起こります。